転職について

転職するのにお勧めの時期、タイミングはいつ頃か

転職を考えている人の悩むポイントは「いつの時期がいいか」です。

「どの時期だと、転職求人が多いの?」

「転職ってピーク期があるの?」

と思っている人も多いでしょう。

転職のオススメ時期が分かれば、その時期に合わせて活動をすることができます。

本ページでは、転職のオススメ時期をみていきましょう。

結論からいうと、転職にオススメの時期は「2〜3月、8〜9月」です。

転職にオススメの時期は「2〜3月、8〜9月」

転職するなら2~3月、8~9月の時期を目安に活動するといいでしょう。

まず2~3月については、年度変わりの時期であり4月の新年度に向けて最も求人が多くなる時期といえます。

企業としても新たな部署の設立や退職者による補充など、確実に人材の補充を行いたいため採用活動に対して積極的に取り組んでいます。

良い人がいれば採用しよう…というよりも、ある程度必要な採用人数を決めたうえで採用活動をしている企業がほとんどです。そのため転職活動もスムーズに行える場合が多いでしょう。

また、8~9月も転職するにはおすすめの時期といえます。というのも、7月のボーナスが支給された後に退職するという方が多いからですね。

7月に退職の意向を企業に伝えた後、実際に退職するのはそれからしばらくした8~9月あたりが多く、転職希望者にはチャンスの時期となるのです。

また、4月の年度始まりと共に10月で期が変わる企業もあります。

春の次に人事異動が多く、転職、退職をする人も多い時期です。

4月・10月は企業にとって大きな区切りの時期にあたり、そのタイミングで人材確保が必要となる場合が多いため、転職したい方には非常に重要な時期となるでしょう。

転職するタイミングとは?

年間を通しての転職に適したおすすめの時期がわかったものの、実際に転職するにはさまざまなハードルがあります。

転職したい!というだけでやみくもに活動していると理想的な転職先をみつけることはおろか、予想外の結果となってしまう恐れもあります。

転職するなら現状よりも良い環境へステップアップできる方がいいですよね。

そしてやりがいや収入もアップすれば転職大成功です。それには転職するベストなタイミングを見つける必要があります。

人よりも早めに動こう

どんなことでもそうですが、他の人よりも一歩早く行動することが転職活動においても非常に有利になります。

時間があれば転職先の企業についてじっくりリサーチすることも可能ですし、求人情報に対して素早く対応することが可能です。

求人情報を見逃してしまえば他の応募者に後れを取ってしまうこととなり、最悪応募する前に採用者が決定しまうこともあり得ます。

また求人情報というのは、退職者が企業に退職の意思を申し出た後にアップされる場合が多いです。

そして採用時期よりも早めに企業側が求人情報をアップする可能性も大いにあります。例えば2~3月ならば12~1月、8~9月ならば7月あたりから徐々にタイミングを見て情報収集していくべきです。

しっかりと安定した企業ほど人事に関しての動きは早く、良い人材をなるべく早く確保しようとしています。

そのため転職のおすすめ時期よりも早いタイミングで動き出すと、良い企業に出会える可能性も広がるでしょう。

資格取得や実績ができた後がオススメ

転職するにあたって資格を取りたいと思っている方は、退職後や転職後に取得を目指すよりも、今働いている環境で資格取得を目指すことをおすすめします。

転職に関して有利に活動ができることはもちろんのこと、現在の仕事が多少慣れているのであれば勉強時間を作りやすいともいえるからです。

新たな職場で覚えることが大変な環境では資格取得のための時間は取りにくいため、合格への道もけわしくなる可能性が高いでしょう。

また今取り組んでいるプロジェクトなどがあればしっかりと終わらせて実績を残してから転職することも重要です。転職先で実績を提示することもできますし、仕事に対して大きな自信を持つことにもつながります。

資格取得をして仕事に対する実績を積んだ後に転職活動をすれば、今よりもワンランクアップした企業との出会い、採用にもつながるでしょう。

将来管理職として活躍したいのであれば、実績を残すことは非常に重要です。

プライベートのことも考えよう

転職は、金銭面や環境面などさまざまな変化が起きてきます。特に家族がいる場合には考慮すべきポイントがたくさんあります。

例えば転職のタイミングと出産の時期はよく考えておく必要があります。

労働基準法により産前6週間(双子以上妊娠の場合は14週間)は妊娠中の女性が申請すれば産休を与える義務が定められているのですが、育休については異なります。

入社1年未満で申請をした場合は労使協定によって企業側が育休を拒否することが許されています。そのため出産希望の方は転職のタイミングをよく検討する必要があります。

また、マイホーム購入やリフォームなど、住宅ローンを組もうと考えている方も転職のタイミングをよく考える必要があります。

多額のローンを組むわけですから銀行もある程度信用のある(仕事が安定している・勤続年数が長い)相手かどうか見ています。転職後数年間は住宅ローンを組むには厳しいと想定しておいた方がよいでしょう。

転職中は「失業中」と同じことですから、もちろん多額のローンは組めませんのでその点も頭に入れておきましょう。

まとめ

転職の時期の見極めは非常に重要です。

転職にオススメの時期は「2〜3月、8〜9月」になります。

良い企業はある程度人員が欲しい時期に規則的に求人活動を行っているため、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

また、ボーナス前の人事考課のタイミングで退職の意思をあらかじめ伝える社員もいます。年度替わり・ボーナス時期の前後は人事部が動くタイミングでもあり、求人が出やすいタイミングでもあります。

そして、転職する際には下記のような注意点もあるので、気をつけてください。

  • 人よりも早めに動こう
  • 資格取得や実績ができた後がオススメ
  • プライベートのことも考える

転職で勝ち組になるためにも、ベストなタイミングを狙って転職活動をしましょう。