転職について

転職で年収が上がる人は少ない?転職サイトに騙されてはいけない。

年収が少なくてこのままじゃ結婚出来ない、家族を養っていけないと思って転職を考える人は多いと思います。

特に年収300万円前後だと独身でも貯金する余裕がなく、結婚や子どもを養うなんて考えられませんよね。

転職サイトでは年収50万~100万以上アップした人の体験等が記載されていて転職すれば年収が上がるような気がしてしまいます。

しかし実際転職によって年収がアップする人ばかりではなく、逆に下がってしまう人もたくさんいます

転職すればすなわち年収が上がるということではありません。

年収を上げたくて転職したのに逆に年収が下がってしまっては元も子もないですよね。

転職すればするほど年収は下がる

大手転職サイト、@typeに下記のようなデータが公開されています。

img2

全体的なデータで見れば一目瞭然で、1回のみの転職ならわずかながら平均年収が高いですが2回目以降転職すると平均年収が下がる傾向にあります。

そしてその1回のみの転職も0回、つまり転職しない人との差はそれほど大きくなく、転職によって大幅年収アップに成功している人はかなり少数派であると言えます。

転職は評価されない

海外では能力に応じて給料が支払われますが日本企業はそうではありません。

日本の会社の多くは崩壊しつつあるといえど終身雇用、年功序列制度が根強く残っています。

そのため日本の多くの会社は途中から入ってきた能力の高い人よりもその会社で長年勤める人の方が収入が高い傾向にあります。

例えばあなたが30歳でA社からB社に転職したとした場合、あなたがどんなに能力が高く仕事が出来る人間でも新卒でB社に入社した30歳の同僚の方が収入が高い場合がほとんどです。

さらに転職を繰り返すと勤続年数を伸ばすことで見込まれる昇給を捨ててしまうことになるので平均年収が下がってしまう傾向ににあります。

年収アップの秘訣は転職しないこと

欧米、日本以外のアジア諸国では人ではなく仕事内容に対して給料が支払われるので転職する度に年収が下がるというデータはありません。

そのため少しでも条件が良い企業へ転職することは日常茶飯事で、日本に比べて雇用の流動性が強いです。

仕事の内容が評価されるので能力が高い人にとっては良い労働環境と言えますが、年功序列がないので日本のように会社に居続けるだけで昇給することはありません。

しかし日本企業は年功序列のため会社に居続けるだけで昇給があります。

近年は能力給に移行しようとする会社が目立ってきましたがそれでも多くの企業がほとんど仕事が出来ない新入社員に対して最初の昇給で給料をアップさせます。

2年目、3年目も同様に仕事が出来る出来ないに関わらず給料が上がることがほとんどです。

しかし先述した通り転職してしまうとその昇給の機会を逃してしまいます

日本の会社は能力よりも勤続年数で評価するのでいくら能力が高くても中途採用でポンっと入ってきた人が長く勤めている人より年収が高いということは起きにくいです。

つまり転職するより長く働き続ける方が結果的に年収アップにつながる可能性が高いということです。

それは記事冒頭に貼ってあるグラフにも表れています。

転職はしない方が良いのか

だとすると転職はしない方が良いのか。

年収アップする可能性があまり見込めないのでは転職しない方が良いのかというとそうとは言えません。

何故なら転職を経験しないということはその会社のことしか知らないというリスクがあるからです。

転職をしないリスク

aadaf795afcc39b32456ba263940343c_s

新卒で入社した会社で定年まで勤めあげようとすることは一見理想的なように思えますが同じ会社で40年も働くことは現実的ではありません

例えば2014年の倒産した企業(約8000件)の平均寿命は23.4年というデータがあり、2000年からのデータを見てみても倒産した企業数万社の経営期間は二十数年であることがわかります。

参考:2014年「倒産企業の平均寿命」調査

つまり創業から40年以上続く会社はごく少数で多くの人が定年を迎える前に会社の寿命が先に来てしまう計算になります。

倒産だけでなくどんなに優良企業と呼ばれた会社でも事業縮小、大規模リストラにより退職に追い込まれる可能性も十分あります。

経営を危ぶまれているシャープもかつては液晶テレビで大功績を上げて日本を代表する企業の一つでした。

若い時にやむを得ず退職してしまっても再就職は難しくありませんがこれが40、50歳にもなると非常に厳しいです。

特に一社でしか働いたことのない50歳の会社員がいきなり転職をせざるを得ない状況になってしまうと、まずどうしていいのかも分かりませんし会社によってルールが違うということさえ分かりません。

若いうちに様々な会社を見ておくと将来必ず役に立ちます。

まとめ

転職をすれば必ず年収アップ出来るということはありません

データ的にはどちらかというとダウンしてしまう可能性が高いですし転職をすればするほど生涯賃金も下がります。

しかし転職をすると視野も広くなり出来る仕事の幅も広がります。

ベンチャー企業等ではそれが評価され転職経験が豊富な人を求めることもあります。

そういう意味では転職経験があった方が将来的に安泰ですね。