年収アップ転職

手取り15万でも貯金は出来るが収入を上げた方が早い

将来に備えて貯金を考えている人は多いと思います。

結婚であったり独立資金であったりと貯金の目的は様々ですが、限られた収入の中でやり繰りしながらの貯金は難しいですよね。

特に働き始めて日も浅い若い世代の人たちは、総支給から健康保険・年金などの社会保険料や所得税などが差し引かれ、手取り金額は15、16万円程度しかなく、

「とてもまとまった貯金なんてできない」

と感じる人は多いと思います。

本ページでは手取り収入15万円の人たちに向けて、何をどう節約するか、どう収入を上げるかについて解説します。

手取り15万の一人暮らし生活費について

まずは手取り15万円の一人暮らしの生活費について説明します。

例えば、都内で一人暮らしをしている人を例に考えてみましょう。

項目 金額(円)
家賃 60,000
水道 2,000
ガス 3,000
電気 3,000
食費 30,000
通信費 10,000
交際費 20,000
雑費 10,000
交通費 10,000
合計 148,000

家賃は最低でも6万円代から必要ですし、水道光熱費も月に8千円程度かかるでしょう。

通信費(ケータイ・PC回線)も必須で1万円前後が相場です。これらは固定費として毎月必要な金額です。

毎日の食費は当然として、職場や友人同士の付き合いでの飲み会、食事会といった交際費も欠かせません。

仮に食費で月4万円、交際費に2万円として手取り収入15万円から家賃など出費を差し引くと、1万2千円しか残りません。

生活用品を買ったり急な出費に備えるお金は1万2千円しかなく、とても不安な状況ですね。

無駄のない切り詰めたカツカツの生活だといえるでしょう。

家賃・食費・通信費を見直そう

家賃・通信費といった固定費を抑える事で出費全体の金額を下げることは出来ます。

例えば、家賃を5万円代に下げて駅から離れた物件に住み換えるスマホを格安SIMに乗り換えて通信費を下げる事は可能でしょう。

大手キャリアで1万円近く通信代を払っている人は、格安SIMに乗り換えるだけで月額7,000円程度節約ができる場合もあります。

食費も外食を控え、自炊や弁当中心にして3万円以内に抑えるなどすれば、家賃・通信費・食費の見直しで合計27,000円の節約になります。

月3万前後は貯金できるが…

上記の節約方法を実践すれば、月3万円前後の貯金は出来る計算です。

しかし生活をかなり切り詰めている印象は拭えません。

家賃を下げるために駅まで毎日歩いたり、築年数の経った物件に住んだりと実際には大変な事が多いでしょう。

また一人暮らしで自炊をしてみると、買い物や後片付けなどに手間がかかり、人によっては自炊を難しいと感じるかも知れません。

月3万円の貯金と引き換えにするには大きな代償です。

なのでしっかりとした目的を持ち、志を高くしないと貯金は出来ない、というのが現実です。

予想外の出費に対応できない

仮に諸経費を節約して毎月3万円を貯金に回しても、スポットで発生する費用があると貯金に回せるお金はほとんど残りません。

例えば友人の結婚式のご祝儀の相場は3万円とされているので、1回のご祝儀で貯金出来なくなります。

その他にも自分自身のケガや病気の治療費など、予想外の出費で貯蓄が不可能になってしまいます。

しかもこの節約の計算には、友人の結婚式どころか自分の趣味に使うお金も予定されていません。

カツカツな上に趣味のためのお金もないとなると、精神的には負担の多い生活になります。

節約するより収入を上げる方が良い

限られた15万円の収入の中で切り詰めて生活するのはやはり難しいです。

書店に並ぶ貯蓄系、マネー系の書籍では、収入アップよりも生活コストを落とすことを重要視していることが多いですが、手取り15万程度の人にはそれは当てはまりません。

それらを一度手に取って読んでみると良いですが、低所得と言っても大半が年収300~400万円以上(月収で25~33万程度)を対象としています。

節約にも最低限譲れないラインがあります。

最低限譲れないラインの節約生活をするにはやはり最低限の収入が必要になってくるわけです。

転職するのが手っ取り早い

年収を上げるには様々な方法があります。

例えば本来の仕事とは別にアルバイトで副収入を得る方法もあります。週末など空いた時間を使ってアルバイトをすれば多少のお金にはなるでしょう。

しかし会社によってはアルバイトなどの副業を制限しているケースもあるので勧められません。

ましてや、プライベートな時間を割いてまで将来のための貯蓄をしようとするのは本末転倒で、未来の時間を売っていることになります。

節約に限界があるなら、転職して収入を上げるという方法も考えるべきでしょう。

転職には決断が必要ですが、節約でいつまでも時間を浪費するより思い切って行動する事で結果が出るものです。

この場合欲しい結果は貯金ではなく、収入を上げる事です。

転職の目的がはっきりしているので、次の仕事が見つかるまでの時間も短く済むでしょう。

転職で気を付けたいポイント

収入アップのための転職ですが、気を付けたいポイントがあります。

それは収入面だけに囚われない事です。収入と一口に言っても年収ベースなのか出来高払い(実績ベース)なのか、企業の持続性は大丈夫かなど検討が必要です。

収入は前職より改善されたけれど拘束時間が長い、昇給・昇進が望めないといった不満が後から出てくるようでは意味がありません。

転職に対するハードルは以前より低くなっているが故に、プロの目を借りて慎重に見極める事も必要です。

転職する事で収入アップ以外にもスキルアップや人脈が広がる可能性もあり、お金とは違った将来の自分へ投資する事が出来ます。

まとめ

手取り15万でも固定費を抑えたり、食費を削れば貯金はできます。

ただし突発的な出費に対応できなかったり、常にカツカツで余裕のない状態です。

余裕のない状態で過度な節約をしていると、精神的にも追い詰められていきます。

節約するよりも収入をアップさせた方がいいでしょう。

そして収入をアップさせる最も良い方法は転職です。

手取り15万で余裕のない状況から抜け出したいという人は比較的高い収入が期待できる会社への転職を検討してみてください。