仕事の悩み

手取り15万で一人暮らしは出来なくもないがリスクが高い

この春から新社会人として実家を離れ、一人暮らしを始める人も多いと思います。

今まで親元で食事など家事の心配をせずに暮らしてきた人にとって、お金の管理まで自分でやらねばならない一人暮らしは何かと不安があるはずです。

初任給やボーナスなど給料(収入)は会社説明会などで何となく把握した。それでも、実際に暮らしてみると予想していなかった出費もあるものです。

今回は手取り15万円で一人暮らしが可能かどうか検証してみました。

手取り15万で1人暮らしは可能

新卒初任給については地域や業種企業規模によって異なりますが、総支給額から健康保険料・厚生年金保険料などを差し引いた差し引き支給額(手取り額)を15万円と仮定します。

結論から言えば、手取り15万円でも一人暮らしはなんとか可能です。

下記は都内での一人暮らしの生活費を算出したものになります。

項目 金額(円)
家賃 60,000
水道 2,000
ガス 3,000
電気 3,000
食費 30,000
通信費 10,000
交際費 20,000
雑費 10,000
交通費 10,000
合計 148,000

都内で一人暮らしをする場合、社宅など安価な物件に住まない限り家賃として最低6万円は必要です。

その他に水道光熱費は必須ですし、携帯電話・固定電話回線の通信費も欠かせません。

水道光熱費で約8千円、通信費に1万円。ここまで家賃含めた出費は7万8千円です。食費も毎日必要ですから仮に4万円としましょう。

その他に職場の飲み会や友人との食事会として交際費で2万円、雑費として1万円を見積もると手取り15万円に対し、出費が14万8千円で残りはなんと2千円です。

計算上はギリギリ一人暮らしが可能ですが、余裕がほとんどない事が分かります。

生活費を抑えようとすると無理な節約になる

この15万円の手取りから出費の節約をシュミレーションしてみましょう。

家賃の次に大きな出費となっている食費ですが、月に4万円の食費の内訳をシュミレーションしてみます。

月に30日として1日に3回食事を摂ると回数は90回となり、単純計算で月4万円の食費なら1回に食事にかけられる金額は500円足らずです。

もちろん、多少の金額の変動はありますが、自炊をしようとすると材料の買い出しや調理などに時間を割かれます。

また安価な出来合いものばかりだと、栄養面で偏りが出たりして健康に悪影響が出ます。

突発的な出費に対応できない

生活費がギリギリという事は、突然の出費に対応できないという事です。

自分自身の病気や怪我で治療費がかかる事もありますし、社会人として友人の慶事弔事に出席する事もあります。

例えば友人の結婚式の一般的なご祝儀は3万円程度とされています。毎月ほとんどお金が残らない生活で3万円の出費は痛いですよね。だからと言って「お金がないから友だちの結婚式にも出席出来ない」というのはあまりにも情けないお話しです。

貯蓄もしづらい

将来に備えて貯蓄も考えねばなりません。

結婚資金・転勤による引っ越しなど用途はそれぞれですが、万が一の時に貯金ゼロでは動きたい時に動けなくなります。

貯蓄のために出費を節約しようとしても、食費を削れば前述の通り健康を害します。

通信費を格安キャリアに乗り換える方法もありますが、大きく見積もっても6,000円程度の節約になりません。

貯蓄も出来ない月々ギリギリの生活費というのは不安の種が尽きないものです。

節約により出費を抑える事に限界があるのなら、月々の収入を上げるという選択肢があります。

収入をアップさせると安心

金銭的な不安から脱出するには、収入アップが一番の近道で安心感もあります。

不安から解放された精神的な安心や余裕は仕事に専念しやすい環境となり、仕事の効率が上がったり昇進につながったりと結果的に好循環を呼びます。

そこで月々の収入を15万円からアップさせる方法を3つ考えてみました。

出世する(昇進する)

本体の仕事で昇進して役職に就くことで役職手当を得る方法です。

昇進による昇給や手当はそれぞれの企業により異なりますから一概にいえませんが、昇進により給料アップにつながるケースは多いと言えます。

もちろん、結果を出すために仕事に励み、出世レースに勝つ必要があるのは言うまでもありません。競争ですから、相手がいます。

自分自身では頑張ったつもりでもそれ以上に相手が結果を出せば、出世レースは負けです。また昇進には年単位の時間が必要です。

副業を始める

本来の仕事と同時進行で別の副業を始める方法もあります。

企業によっては副業を制限している場合もありますから、自分の会社の規定はどうなのか確認しておきましょう。

当然本来の仕事とは別に副業のための時間を割くことになり、プライベートの時間を犠牲にせざるを得ません。

ただでさえ時間に余裕のない新社会人のうちから副業というのはリスクが高く現実的ではないでしょう。

転職をするという選択肢

第三の選択肢は転職です。より給料の高い職種や会社に転職をする事で収入をアップさせます。

同じ会社で出世をするには年月がかかる、副業もリスクが高い、となれば転職という手段は一番効果的な収入アップ方法ではないでしょうか。

もちろん、転職にも準備が必要です。充分な準備期間を経て安心して転職出来る会社を見極める事が必要になります。

参照記事:年収をアップさせるための会社の選び方

まとめ

今回は「手取り月収15万円で生活できるがリスクが高い」ことについて説明しました。

手取り15万だと生活の余裕もなく、突発的な出費に対応できません。

常にギリギリの状態なので、精神的な負担も大きいでしょう。

リスクを回避するには収入を上げることが一番ですね。

収入を上げる方法は下記の3つあります。

  • 昇給・昇進
  • 副業
  • 転職

昇給・昇進、副業で収入を増やすには時間がかかります。

一番効率的な方法が転職だといえるでしょう。

手取り15万でキツイ生活をしている人は、転職を視野に入れることをオススメします。