将来の年収

30過ぎたら利息で暮せ?将来の年収は20代でどう働くかで決まる

「30過ぎたら利息で暮せ」

かつて大ブレークした受験漫画、「ドラゴン桜」の続編で外伝的作品である転職をテーマとした「エンゼルバンク」で登場する弁護士、桜木健二の言葉です。

名言ナビ – 30歳過ぎたら、今までの利息で暮らせ!

本作品の主人公である転職を考える女性教師、井野真々子に桜木が言い放った言葉で、30を過ぎた女性公務員が今の仕事を捨てて転職しようとするのは無謀だと言い切っています。

20代の転職と30代の転職

2e8c53fd538043284e6b92e4f1c800ff_s

20代で転職するのと30代で転職するではやり方も考え方も全く違います。

冒頭の「30過ぎたら利息で暮せ」という言葉の意味は30歳以上で転職する場合はこれまで培ってきた経験やスキル(元金)を活用して成果(利息)を出せということです。

20代の転職

20代はまだ若いです。

20代の人材は企業側からみればまだひよ子のようなもので中途採用でも経験の有無に関わらずこれから自社で育てる気で採用しようと考えます。

転職は即戦力、経験者でないと採用されにくいと言われていますがハタラクティブジェイックのような既卒の若年層向け人材紹介会社には多数の未経験者OK求人があります。

20代なら未経験でもOKとする企業が多数存在するということです。

しかしそれら若年層向け人材紹介会社、転職エージェントのほとんどは対象年齢が20代までで30歳を超えるとそれらのサービスは利用できません。

つまり未経験者を雇い入れる年齢リミットは29歳までとしている企業が多いということです。

※ハタラクティブの登録に制限はありませんが30歳以上の利用者は全体の2%以下で事実上20代専門の人材紹介会社となっています。

30代の転職

30歳以上で転職する場合は20代のうちに身に付けた経験、スキルを活かせる仕事であることが重要です。

30代の未経験者を雇う企業はほとんどありません。どんなに優れたスキルを持っていてもそのスキルを全く必要としない業種、職種では何の役にも立たず評価されないので転職する際はスキルや経験を活かせる企業に限られてきます。

しかしそれは必ずしも同業種であったり、同じ職種である必要はありません。

例えば製品の企画をしていた人がその知識を活かして製品を売る側に回る、つまり営業職に転職して年収アップに成功したような事例は多数あります。

逆に20代で活かせるスキル、経験を身に付けていない人は30代で転職が出来たとしても年収が大幅に下がってしまう可能性が高いです。

冒頭で紹介した漫画の主人公、井野真々子は新卒から英語教師を続け30歳を超えています。

彼女が持っている他の仕事でも活かせるスキルは英語と教育です。教師という仕事は(世間的な認知レベルで)学校で授業を教えるということしかしないのでそれ以外のスキル、例えば営業力や事務処理能力等一切持っていません。

井野さんは英語能力を活かして・・・と転職を考えたようですが彼女のような人材はどの企業も必要としません。

英語教師では英語能力を武器にして仕事が出来るレベルではありませんし、ビジネスマン、サービスマンとしての基本的な知識が備わっていないため営業やサービス業も難しい。

彼女を求める企業はせいぜい英語の塾等に限られ、それなら安定した収入を得られる教師でいるべき、

と「30過ぎたら利息で暮せ」という言葉を送った桜木は考えます。

方向を固めるなら20代で

ae55ed61c64ed4bd03caf7d282d1cd81_s

社会に出る前、学生時代は自分のやりたいことや長期的に続けていける仕事が何なのかなんてことは分かりません。

大多数の人がなんとなく学校を卒業してなんとなく良さそうと思って受験して内定をもらった会社で働きます。

学生時代からその仕事がやりたくて入社し10年、20年続けているなんて人はほとんどいないんじゃないかと思います。

「就職したけど他の仕事もやってみたい」

「保育士になりたくてなってみたけど将来が心配・・・」

「今の仕事を一生続けると考えると憂鬱・・・」

20代のうちは誰もが抱く感情だと思います。

いろんな経験をしよう

20代は未経験でも比較的転職しやすい年代です、むしろそれを超えてしまうとかなり厳しいです。

もし今の自分の仕事に不満を持っているなら思い切って全く違う仕事に転職してると新しいものが見えてくるかもしれません。

20代のうちならやり直しは利きます。

私の知人に美容専門学校を卒業しそのまま美容師として就職した友人がいるんですが、彼は美容師の年収じゃ生活が出来ないと考え不動産の営業職に転職しました。

しかしやはり美容師の仕事が好きで営業職をわずか1年程で辞めて再び美容師の仕事に舞い戻りました。今は独立してサロンを経営しています。

いろんな業種を知っておくとどんな仕事が収入が多いのか、これから先どのような仕事に需要があるのかが分かってくるようになります。

20代のうちに様々な経験をして自分の目指すべき将来像を決めておくと30代で転職で大失敗してしまうようなことになりにくいです。

まとめ

bae91bc2d6c92bed152bf0402abf4f4f_s

人生、生き方に正解はありません。転職することが正解なのか、しないことが正解なのか、どちらの方が将来的に年収が上がるのかというのは人それぞれですし運、巡り合わせの要素も強いです。

ただ一つ言えることは20代の働き方はその後の自分の仕事、年収に大きく影響してきます。

20代のうちに将来をよく考えて、必要あれば転職してみると将来的に必ず役立ちますよ。