転職について

30代で転職に成功する人と失敗する人の違い

年齢的に転職しやすいのは20代までと言われていて、30代での転職は可能ですが、後があまりないため失敗ができません。

家庭があったり、年齢のリミットがあったり厳しい状況での転職になります。

30代で転職を考えている人は「失敗したくない」と思っていることでしょう。

本ページでは、30代で転職に成功する人と失敗する人の違いについて説明します。

30代の転職で成功する人と失敗する人の違いとは?

30代での転職において失敗することは大きなリスクが伴います。

30代だと、すでに結婚していて自分以外に養う家族がいる場合や、年齢的に失敗してもまだまだ大丈夫といった余裕はなくなっている場合が多いのではないでしょうか?

しかしながら30代の転職で失敗はできない!と思いながらも失敗をしてしまう人も、少なからずいるのが現実です。

そこで30代の転職で成功する人と失敗する人の違いについて説明していきましょう。

スキルや実績があるかどうか

30代であればある程度の社会人経験があり、相応の職歴もあると判断されている場合が多いでしょう。

これまでに培ったスキルや実績が備わっている人材、すなわち「即戦力」であることが当たり前のように求められることになります。

20代や30代における転職するまでの期間に社会人経験年数にふさわしい能力を着実に身につけられている人は、転職で成功しやすいといえるでしょう。

一方で仕事全般においてまだまだ半人前、20代前半のような未熟な部分が垣間見えるようであれば、30代とはいえ「即戦力」としてスムーズに仕事に就いてくれるとは想像しがたいです。

スキルや実績がないに等しい人は、転職することはかなり難しくなるのではないでしょうか?

転職市場価値をわかっているかどうか

転職を考えているならば、自分自身の市場価値を理解しておくことは必須となるでしょう。

市場価値がわかっていなければ、自分自身の能力やスキルを最大限に活かすことができる企業がどこなのか、どうやって自分をプレゼンしたらいいのかもわかりません。

自分自身が個人的に入社したいと思っている企業ももちろんあるでしょう。しかしながら、相手が求めているニーズをキャッチして提供できなければそもそも入社することはできません。

自分の市場価値を理解することは応募する求人とのギャップをなくすことにつながりますし、それは自分のためでもあり、相手先企業のためでもあります。

転職の軸があるか

あなたはどうして転職したいと思っているのでしょう?転職先に何を求めているのでしょうか?転職する際に重要なのは、「何を基準にするか」ということです。

あれはいや、これもいや。すべて今よりも良くしたいと思っていると本当に望んでいたことが何なのかわからなくなってしまい、本来の自分軸がなくなってしまうでしょう。

どんなものでもそうですが、軸がないとブレが発生します。気持ちも移り気になってしまい、うわべだけ、見た目だけが良い企業に心動かされて転職に失敗しやすくなってしまいます。

30代の転職で成功する方法とは?

転職をするのなら、ぜひとも成功したいと思うのは誰しも同じでしょう。

では、どうすれば30代の転職において成功することができるのでしょうか?

即戦力になれる仕事を選ぶ

30代の転職においては、ほぼ間違いなく即戦力を求められていると考えておきましょう。

転職市場における30代とは、「即戦力」であることが最大のニーズです。

そのため、転職後になるべくスムーズに仕事に適応してスキルや能力を発揮することが重要になってきます。転職を成功へと導く方法は、まず自分自身の市場価値を理解し、自分自身が最も活躍できる場所・仕事内容を選ぶことが肝心です。

もしも職種に関してどうしても変えたいという気持ちがないのであれば(転職の軸が職種を変えることではない場合)、転職前と同じ職種の方がいいでしょう。

未経験の仕事に挑戦するなら「営業」

30代で未経験の仕事への転職は比較的難しいといえます。

未経験でも応募可能な職種もありますが、その場合はそれまでの社会人経験を活かせるような職場・なるべく早く自分が企業において貢献できるような職場を選ぶことも重要になってきます。

どうしても未経験の職種にチャレンジしたいという人は、営業を狙うことがおすすめでしょう。

なぜなら営業は特別なスキルや能力が必要ないためです。IT系や事務系では専門的な資格が必要な職種も多く、そういった場合はチャレンジしたくても応募資格に当てはまらない可能性が多いです。

営業的な能力は実際に仕事をしていると身についてくるものであり、これまでの社会人経験で培ってきたコミュニケーション能力などヒューマンスキルを活かすことができる職種でもあります。

他に未経験でも応募可能な場合が多い職種として、サービスや小売なども狙い目でしょう。

転職エージェントを使う

30代の転職であると、さまざまな経験を重ねてきている方が多いでしょう。その場合、どのスキルを活かしていくと転職がうまくいくのか、一人ではなかなか客観的に自分自身を分析することが難しいでしょう。

そんな場合には転職エージェントを使うことをおすすめします。転職エージェントは転職におけるプロであり、豊富な知識を兼ね備えています。

プロと一緒に転職市場や自己分析などの転職全般における活動をフォローしてもらうことで、転職を成功へと導いてくれるでしょう。

客観的な観点で冷静に分析してくれるため、転職で失敗するという可能性も低くなり、自分では探し出せないような求人案件も提供してくれる可能性が十分あります。

自分の考えだけに固執してしまうような方にはぴったりの「転職成功への手段」だといえるでしょう。

まとめ

転職を成功へと導くためには、まず「自分を知ること」です。

転職を考えはじめたらまずは自分のスキルや能力を再確認して自分がどこで求められているのか、どこで自分を活かすことができるのか考えてみましょう。

そうすれば「転職に失敗する」、つまり自分に合わない・自分を活かすことのできない転職先を選んでしまう可能性が激減するでしょう。