年収アップ転職

年収が下がる人もいる?転職に失敗する人の共通点

「転職に失敗したくない」

「転職で年収を下げたくない」と考えている人はたくさんいるでしょう。

実際に、うまく転職しないと、「前職の方が良かった」ということになりかねかません。

実は、転職に失敗する人にはある共通点があります。

本ページでは転職に失敗する人の共通点と、その対策について説明します。

転職に失敗する人の共通点

「年収を下げたくない」「転職に失敗したくない」というのは誰もが思うことでしょう。

しかし、実際には転職に失敗する人が多数います。

失敗する人の共通点は大きく分けて

  • 自分を客観的に分析できていない
  • 他責にする
  • 軸を持っていない

の3つがあります。

自分を客観的に分析できていない

転職で失敗しないためには、自分を客観的に分析する必要があります。

もっといえば、

「自分はどんな会社が求めるのだろうか」

「どんな能力が生かせるのか」

を考えて行動しなければなりません。

しかし転職市場でよく見られるのは、会社名、ブランドばかりを見て、自分のスキルや能力が自分のエントリーした会社にどの点が求められるのか考えていない転職者です。

また自分の能力を客観視できておらず、高く見積って自分に合っていない求人を希望するというケースも非常に見受けられます。こういった方も書類選考で見送り、運よく面接までこぎつけても面接でコテンパンにされて結局受からないというケースも非常にみられます。

別に有名会社にエントリーすること自体が悪いわけではありません。給与水準が高い会社・ポジションにエントリーするのも否定する気はまったくありません。

ただ自分がどんなことができて、どのような実績があるのか、そのエントリーする求人における仕事内容が何なのかを考えずに応募しても失敗は目に見えています。

その求人と仕事内容に親和性があるのかをしっかり冷静に分析して、何をアピールしようかが明確な人ほど、転職で成功する方、また転職市場で求められる方だということを認識することが重要です。

他責にする人

他責とは「人のせいにすること」です。

少しでも嫌なことや、うまくいかないことがあると、環境や人のせいにすると自身の「課題」が見えなくなってしまいます。

「課題」が見えないということは、解決、次のステップが見いだせないということですので、何を努力していいのかわからなくなり、自分のスキルや能力が磨かれなくなってしまいます。

転職回数の多い人は一概にはいえないのですが、自身が成果を出せない、会社でうまくいかないことを棚上げにし、転職を無駄に繰り返してキャリアをすり減らす人が多いです。

企業は「課題を解決」してお金をもらう組織ですので、自身の課題を解決できない人材は不要とみなされます。

軸を持っていない人

先ほどの「ブランド志向」の方にもつながりますが、仕事において「自分は何がしたい」ということが明確になく、会社名や給料だけでエントリーする会社を探そうとする人は、大体転職に失敗します。

転職する理由が明確で、何を果たすためにどんな仕事をしたい。そして、何は譲れない(労働時間や給料など)といったことまで明確に説明できるよう分析して置くことも重要です。

「転職で成功したい」

と思っても自分がどのような転職を望んでいるかが決まっていなければ成功はありません。

自分がやりたい仕事をが出来る会社で働きたいのか?

収入アップを図りたいのか?

福利厚生が充実している会社が良いのか?

不満のある会社で働いていた人が、すべてが揃う会社へ転職するのは非常に難しいです。

まずは自分が「どうしたいのか」を明確に決めて会社を選びましょう。

 

転職で成功するためには

転職で失敗する人の特徴は上記で説明した通りです。

では、具体的に「失敗しないため」にはどうすればいいのかについてお話いたします。

具体的に、転職で失敗しないためには下記の2つの方法を取っていただくことが重要です。

自分の希望している仕事を明確にする

受ける会社名や給料の前に、「自分はどんな仕事をしたいのか、明確にし、どんな軸で転職活動をするのか」を決めてみてください。

どのように決めていくか、以下の手順で軸を固めるとやりやすいです。

  1. なぜ転職をしようとしたのか考える
  2. 自分の仕事の中で好きな部分を見つける
  3. 自分のスキルを活かせる仕事か考える

一言でいえば、会社や待遇を一旦棚に置いて、今の仕事をしたいかしたくないかを決めることが重要です。

今の仕事が好きなら、同業や似たような仕事から選べば問題ないでしょう。

今の仕事をもうこれ以上したくない場合は、なぜしたくないかを明確にする必要があります。

ここでは営業職を例にとってお話しします。

転職の背景として、新規開拓が苦痛であるならば、金融、不動産、人材業は不向きです。有形商材のほうが良いでしょう。

食品業界、機械・電気系のメーカー、店舗系の仕事のほうが向いているといえます。逆に、単純に転勤が嫌なら、大規模な会社の有形の仕事は向かないでしょう。

自分の仕事の中で、好きな部分を見出してください。

次に、今仕事をする中で、やりがいに感じられているところを考えてみましょう。

例えば新規開拓は嫌いだけど、専門的な知識を習得すること、クライアントへの訪問は好きだったという方であれば、例えば機械メーカー、部品メーカーなどだといいかもしれません。

また働き方があなたに合っていているのであれば、単純に好きなものを仕事にするのでもいいのかもしれません。

重要なのは、長期で働くことができ、満足して成果をあげられると思えるということが大事なのです。

次に、自分のスキルを活かせる仕事かどうかを考えましょう。

「やりたい」だけでは仕事はできません。それができるとすれば25~6歳くらいまでです。

20代後半からの転職は、基本的に「これまでの経験を生かす」ことが重要です。

「30過ぎたら利息で暮らせ」

というやつです。

その経験というのは20代であれば「仕事の進め方」が合うか合わないか、というのがポイントになります。

例えば、代理店を使ってエンドユーザーに売っていくような仕事の進め方ができるか、新規開拓を行う際、電話でアポイントを沢山っ取得できるのか、などがここであげられるスキルになります。

ちなみに、メーカーのエンジニアはもっと単純で、電気・電子・機械の知識、経験があるかなどの非常にわかりやすいポイントでこのスキルの有無がポイントとなってきます。

上記のような手順を徐々にずれをなくして、自分にぴったりの仕事像を描いていく、仮説と検証を繰り返しながら最適な仕事、会社を見つけていくことで転職を成功させることができるのです。

転職エージェントを使う

上述であげたような手順を一人でこなすことって実はそんなに簡単ではありません。

やりたくないことくらいは分かるかもしれませんが、やりたいことや、自分に合った仕事を考えていくということは意外と簡単なことではありません。ましてや、自身の適職で、かつ転職市場にある求人となると、余計にハードルが上がってきます。決して簡単ではありません。

そのため、転職エージェントを使い、転職のプロと一緒に活動してください。

転職のプロは自身のキャリアについてどんな仕事が合っているか、どんな経験からどんな会社がほしがるかなど、客観的に自分を分析してくれます。また、エージェントしか持っていない非公開の求人も保有しています。

一人で転職するより、成功する可能性が圧倒的に高いため、ぜひ転職を考える際には転職エージェントを訪ねてください。

参考記事:転職エージェントとは?利用するメリットと注意点

まとめ

転職活動は決して楽ではありません。

「スケジュール調整から、どうアピールしていくか、そもそもどういう戦略で転職を成功させるか」などやることが多いのです。

そこで転職エージェントを使えば、ただ求人を得られるだけではなく、上記のような考える作業、面接に受かるようするための情報収集、スケジュール調整などを行ってくれます。

しかも、転職エージェントへの費用は、あなたを採用してくれた企業から払ってもらうこととなるため、あなたは「無料」で使うことができるのです。

改めて、転職を考えるなら、転職エージェントを使わなければ損です。ぜひ転職の際は転職エージェントを使って下さい。