将来の年収

行動が出来る5%の人になるために大切なこと

日本人はビジネス書、自己啓発本が好きです。

どの書店にもビジネス書、自己啓発本コーナーがあり、毎年たくさんの新しい本が発売され陳列されています。

しかしビジネス書を手に取る多くの人が「収入を伸ばしたい」、「自分を変えたい」、「お金持ちになりたい」と思っているにも関わらず何もせずに同じ日々を過ごしていることでしょう。

とにかく行動しよう!ビジネス本を何冊読んでも年収は上がらないという記事にも書いた通り、何百冊のビジネス書を読んでも本人が行動しなければ何も変わりませんし変えることは出来ません

ビジネス書、自己啓発本を読んで実際に行動出来る人は20人に1人いるかいないかくらいではないかと予想します。

ではどうすれば実際に行動出来る5%の人になれるのでしょうか。

行動出来る人と出来ない人の決定的な違いって何だろう?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

自分の目的、目標を達成するためにやらなければいけないことってだいたい自分でもわかっていることが多いです。

体重を減らしたいなら運動するとか食事制限をするとか、給料を上げたいなら業績を伸ばすとか資格と取るとか、起業したいなら会社辞めて開業届出せば起業できるわけですよね。

なのに多くの人が一歩目を踏み出すことさえできません。

行動出来る5%の人と行動出来ない95%の人の違いは何でしょうか。

失敗を恐れるか否かの違いだけ

行動出来る人と出来ない人の違いはこれだけです。

行動出来る人は失敗を恐れませんが、行動出来ない人は失敗するのが嫌で行動出来ません

会社員が脱サラして開業したいと思っていても実際に会社を辞められる人なんて本当に一握りです。

起業、開業に関する本や実業家の自叙伝が無数に発売されていて毎年何万冊と売れていても、それを手にしたほとんどの人が会社を辞めて起業する人なんてこと出来ません。

そりゃそうですよ。失敗したら大変ですから。

逆に「失敗なんかしない」、「失敗しても別に大丈夫」と思っている人は会社を辞めていきます。

「脱サラして起業」は確かにリスクが高くて失敗を恐れる気持ちもわかります。5%の人が実際行動に移せないのもうなずけますよね。

ダイエットや独学での資格勉強のように特に目立つリスクがない、失敗することがないようなことでも同じことが言えます。

実際に行動出来ない、取りかかれない人は失敗を恐れています。

何をやるにしても時間を失うという失敗が付きまとうからです。

ダイエットでも資格勉強でも副業でも、結果を出すことが出来なければそれに費やした時間が無駄になってしまいます。

本当に無駄かどうかは別として少なくとも失敗を恐れて行動出来ない人は、「労力の無駄」を恐れています。

逆にその行動が「無駄になる」と一切思わなければ行動が出来ます。

例えば自分がやりたくないこと、計算ドリルにしましょうか。

計算ドリル1ページ(慣れた人で1時間掛かるくらいの量)を仕上げると1,000円確実に貰えるとします。

お金が欲しくて時間に余裕のある人ならきっと毎日出来るでしょう。

ではこれが計算ドリル1000ページを3年で仕上げたら100万円貰えるとした場合どうでしょうか。

途中でやめたり3年という期限に間に合わなければ一銭も貰えません。

無料でチャレンジ出来るならだいたいの人が取り掛かろうとすると思います。

しかし現実にはそれを始めるのに多少の初期投資が掛かります。そしてそれを達成したからといって確実に結果が出る(この場合100万円貰える)かどうかなんて分かりません。

そうなると多くの人が出来ないんですよ。

時間の無駄になってしまうかもしれない。

労力の無駄になってしまうかもしれない。

その時間もっと有効に使えるかもしれない。

そう考えてしまうと一歩を踏み出すことが出来なくなるわけです。

行動するためにはどうするべきか

ではどうすれば行動出来るようになるか。

それは簡単、時間を失うことを含めて失敗しない、失敗しても構わないと思うことです。むしろこれしかないです。

行動出来ない人はとにかく人はとにかく失敗を恐れています。

大きなお金が掛かるわけでもなければ自身を危険に晒すわけでもないのに行動が出来ない人は時間を失うことを恐れています。

逆に行動出来る人は、失敗を恐れていません。逆に何もしないことを恐れています

ダイエットに取り掛かれた人は「このまま太ったら病気になるかもしれない」、「何もしなけれればフラれるかもしれない」と行動しないことを恐れたから行動できたわけです。

資格を取得出来た人も無駄に時間を浪費することを恐れたから毎日勉強が出来るわけですね。

何もしないことが一番恐怖だと思い込め

-shared-img-thumb-0I9A8226ISUMI_TP_V

今の暮らしに不満がある人は今まで何もしてこなかった結果だと強く思いましょう。

「今まで勉強してこなかった」

「特別な努力もしてこなかった」

「ゲームばかりしてきた」

「遊んでばかりいた」

その結果が今の自分です。

これから何もしなければ生活が良くなるどころか人は老化によって生産性が下がるので悪くなる一方です。

自分を変えたい、収入を上げたい、生活を良くしたいと考えるなら「何もしないことが一番恐怖」だと頭の片隅に置いといてください。