年収アップ転職

年収をアップさせるための会社の選び方

転職で年収アップするための最も重要なポイントは会社選びです。

日本の企業はまだまだ実力社会とは程遠く、社内でどんなに仕事が出来ても飛び抜けて収入がよくなるということはほとんどありません。高い収入を得るためには全体的に賃金の高い会社に入社する必要があります。

そして業績の芳しくない企業はそもそも高い給料を支払う能力がないので当然高収入を得ることはほとんど期待できず、入社してしまうと一生低賃金を余儀なくされる恐れもあります。

日本では独立しない限り自分の年収は会社の給料の支払い方、支払い能力に依存すると言っても過言ではありません。

転職で低賃金の会社に入社してしまわないように、失敗しないように事前に戦略を立てることがとても大切です。

本ページでは年収を上げたくて転職を考えている人のために年収アップしやすい会社の選び方のポイントを少し紹介します。

年収アップはやっぱり大企業か

86c28a9931923ef205e2decb943b765f_s

当たり前といえば当たり前なんですが規模の大きい会社は比較的年収が高い傾向にあります。日本の平均年収ランキング等を見てもテレビ局、メガバンクを除けばほとんどが大企業で占められています。

大企業の年収が高いのは上層部、一部の役員が収入が良いからという意見もありますが国内の企業は欧米や他のアジア諸国に比べて役員報酬は低いです。

日本を代表するほとんどの大企業が経団連(日本経済団体連合会)に加盟していて、アメリカのような一部の社員に数千万支払うというような報酬制度を取っている会社はほとんどありません。

(経団連は政府、国全体と繋がりがあるため格差を拡げるような給料システムは推奨していない)

大企業、経団連企業が目指すのは俗に一億総中流と呼ばれる社会で他の会社と比較して末端の社員でも収入、待遇面で優れていることが多いです。

小売、サービス業でも悪くない

一般的に収入が低いとされる小売業、サービス業でも大企業であれば比較的年収が高い傾向にあります。

例えば誰もが知るコンビニのセブンイレブンやイトーヨーカ堂のセブン&アイ・ホールディングスやユニクロのファーストリテイティングの平均年収は700万円以上となっています。

もちろん入社したばかりの末端社員の年収はそこまで高くありませんが障害賃金は地方の中小企業で働くよりかなり高くなることが期待出来ます。

小売業、サービス業は低賃金、ブラック企業のイメージが強く大企業でも避けられる傾向があり入社難易度は比較的低いので地方のスーパー等の小売店で働いている人、経験者は転職しやすくお勧めです。

BtoCよりBtoBが堅い

71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_s

一般顧客向けに販売やサービスを提供する会社(BtoC)より企業向け、法人向けに販売、サービスを提供している会社(BtoB)の方が比較的年収が高い傾向にあります。

例えばサービス業の平均年収ランキングで上位にある企業のほとんどがBtoBの会社で一般的に名前が知られていない会社がほとんどだと思います。

ランキングの1位、2位はM&A(企業の買収や合併の総称)のアドバイザリーの会社でサービス業というよりはどちらかというと金融会社に近いですね。

その他主に広告代理店やコンサルティング会社等が上位を占めています。

一般顧客向けの会社より企業向けにサービスを提供している会社の方が収入が多い傾向にある理由は大きく二つあって、一つは商品、サービスの単価が高いこと、もう一つはより専門性が問われるという理由があります。

単価が高く取引単位も大きくなるので必然と売上高が大きくなります。

そしてBtoBの会社は特定の分野に特化していることが多いので必然と専門性が要求されるため専門知識、スキルのある人材が集まっていることが多いです。

そのため入社のに実務経験が必要な場合が多かったりするので難易度は決して低くありません。

ですが一般的な知名度が低いため大企業、優良企業であっても知らない人が多いので競争率は比較的低いです。

隠れた優良企業が多い

BtoBの会社は知名度が低いためあまり知られていない優良企業が多数あります。

例えばネット上で超が付くほどのホワイト企業として知名度を上げた未来工業もおそらく建築関係者以外で知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

国内の大手インターホンメーカーであるアイホンに勤める知人がいますが、アイホンもかなり優良企業で従業員がサービス残業や休日出勤をしないように配慮がされていると聞きます。

こちらも建築関係者で知らない人はいないほど有名ですがやはり一般的に知っている人は少ないです。

優良企業のBtoBの会社が必ずしも大企業、一流企業に限ったことではありませんのでどういう会社に転職するか迷っている場合は一つBtoBの会社に絞ってみてはどうでしょう。

自分が活かせる会社を選ぼう

90fd57cd40c9332a8546f7b21e4330c0_s

最後に一つ。

年収、障害賃金のほとんどは会社に依存してしまいますが、もちろんある程度個々の能力、業績次第で収入に大きな開きが出る場合もあります。

同じ企業で働いている同期でも10年後に年収が100万近く差が出ることは決して少なくありません。

特に転職の場合、それまで培った経験、スキルが活かせる会社かそうでないかで収入が大きく変わってくることがあります。

年収を上げるという目的で転職を試みる際は出来る限り自分が持っているスキルや経験を活かすことが出来る会社を選びましょう

転職して10の経験値が0に戻るより2でも3でも引き継ぐことが出来る方が楽に年収アップに成功することが出来ます。

活かせるスキルという考え方だけでなく自分がやりがいを感じる仕事、頑張って取り組める会社に勤めることが結果的に年収アップにつながるという事例は多々あります。

転職は会社四季報を見て業績の良い会社、優良企業を選ぶことも重要ですが自分に合った会社、その仕事がしたくて入社したいと思える会社を選ぶ方が成功しやすいかもしれませんね。