副業について

雑誌やネットで取り上げられている「副業で稼いだ」は本当なのか。

ビジネス系の雑誌コーナーに立ち寄るとサラリーマンが、

「ネット株で月10万!」

「転売で月収+30万!」

「FXで30万!」

のような副業で稼ぎました的なエピソードが書かれた雑誌を多数見ますよね。

中には本業をはるかに凌ぐほど成果を上げる人もいて私も、

「ホントかよ~」

って思っちゃいます。

彼らは本当に実際に副業で稼いでいるのでしょうか。何かの宣伝、要するにステマではないのでしょうか。

副業で稼ぐことは可能である

-shared-img-thumb-MIMIYAKO85_sagyousurudansei20140725_TP_V

本当に雑誌に載っているような副業で稼ぐことは可能かと聞かれると、

「可能である」

と断言出来ます。

もちろんすべてがとは言い切れませんが少なくとも実際にアマゾンやヤフオクの転売、アフィリエイト、ネットショップ等で稼いでいる人は少なくありません。

その金額も月10万程度なら本業の片手間で十分達成できる金額ですし、中には数十万以上、本業以上に稼ぎを上げてそのまま独立してしまう人もいます。

私はフリーランスという立場なのでそういう副業から始めて独立した知り合いが数人います。

彼らはいずれも以前は会社に勤めており、始めは小規模の転売やブログで記事を書くことから始めています。

その後稼いだお金を再投資して事業をだんだん大きくしていき、本業を超える収入を得るまでに至っています。

それは本当なの?

「副業で本業を超えるほどの収入が得られるなんて信じられない!」

と思う人も多いでしょう。いやむしろ詐欺みたいな情報が横行する中「稼げる」という話を簡単に信用する人は危険です。

しかし実際に副業で稼いでいる人はたくさんいます。

その証拠となるのがこの一冊。

世界一わかりやすいネットで稼ぐ人の「確定申告」塾 平成25年度税制改正対応版

名前の通りネットショップやネットオークション、転売、ブログ、アフィリエイト、FX等ネットで稼いでいる人のための確定申告について書かれた専門書です。

確定申告というのは「去年の収入が○○円だったから、それに掛かる税金はこれくらいなのでこれくらい払います。」という申告を税務署にすることです。

確定申告は収入を得ているすべての人が対象となりますが、会社員の場合は会社の経理係が行ってくれるので自分でやる必要はありません。

しかし会社員以外としての収入があれば当然所得税を支払うために確定申告をしなければいけません。

つまりこのネットで稼ぐ人のための確定申告の本があるということはネットで稼ぐ人がた世の中にたくさんいる証拠となるわけです。

だけど簡単には稼げません

-shared-img-thumb-SEP_355215221321_TP_V

たくさんの人が雑誌に「副業で稼ぎました」って取り上げられているを見ると、

「自分も副業で稼げるんじゃないか?」

という気になってきますよね。

私も若い時はよくそんな気持ちになりました。

確かに彼らはきっと副業で本当に稼いでいます。実際知り合いのブロガーさんは雑誌やテレビの取材があったりもしています。

だけどそんな人って本当にごく一部の人だけです。

水面下には稼げない人がたくさんいる

雑誌やテレビで取り上げられている人達は稼いでいる人だけです。

実は見えないところで副業にチャレンジして全然稼げなかった人が多数います。

日本アフィリエイト協会によると、アフィリエイトで月額1万円以上稼いでいる人は全体の6%あまりで、月額3万円以上稼いでいる人は全体の3%程度となっています。

日本アフィリエイト協議会、アフィリエイト市場調査2014を発表

つまり全体の9割以上が月額1万円さえ稼げにいます。そのほとんどの人がもうやめてしまっているでしょう。

人気のあるせどり(転売)の明確なデータはありませんがおそらく実際に安定して利益を上げている人は全体の5%もいないと予想します。

それだけ稼げない人、失敗する人がたくさんいるわけですね。

稼いでいる人はたまたま上手くいった人だと思え

私は常々思っています。

「雑誌に載っている副業で稼いだ人はたまたま上手くいっただけ」

だと。

ネットで稼ぐ系の副業って基本的に初期投資が小さく済むので参入障壁が非常に低く、始めてみる人がものすごいたくさんいます。

中でも特に人気のあるせどり(転売)なんて本当にものすごいたくさんの人がチャレンジするわけですから、中には始めに着手した商品が上手く当たって爆発することって起きそうじゃないですか?

広い視点で見れば、副業で稼ぎたい1万人くらいの人がいろんな商品を「ワーッ」と売るわけです。

そしたらその中に当たる人ってきっと数十人単位で出てくると思うんですよ。

そう考えれば稼いでいる人がいても不思議じゃないですよね?

有名な投資に関する書籍に『ウォール街のランダム・ウォーカー』というアメリカで最も有名な経済学者の方が書かれた本があるんですが、この本では株のチャートを読んで稼ぐ人はたまたまが続いているだけと言い切っています。ランダム要素が強すぎるので株価をチャートを読むことは絶対不可能であると。

FXも同じようなもので、ものすごいたくさんの人が上がるか下がるかの2分の1の賭けを繰り返してやれば、そのうち誰かは当たり続ける人が出てくる。

副業ですごい稼いでいる人ってそのほとんどが偶然の巡り合わせでたまたま稼いでいるんです。

やらなければ偶然さえ起きない

稼いでいる人はたまたま運が良かっただけです。

だけど何もやらなければ偶然稼ぐことはできません。お金は天から降ってくるものじゃありませんから。

そして実際に稼いでいる人は利益が出るまで、上手くいくまで諦めなかった人達です。

中には最初にやったことがたまたま上手くいった人もいるでしょう。

しかし多くの人が何度も失敗しては再挑戦し、思考錯誤することで副収入を得ることが出来ています。

雑誌では「こうして稼ぎました」ということしか載っていませんがその裏ではたくさんの稼げなかった人達、その稼いでいる人の稼げなかった期間があるわけなんですよね。