転職について

20代で資格を取って転職するメリットはあるか?

転職は結構勇気のいる行動です。

誰しもが失敗したくありませんよね。

「資格があれば、転職が有利になる」という話もあり、転職の事前準備として「資格を取得しようかな?」と考えている人も多いのではないでしょうか?

ただ、資格を取得するには勉強する時間や、資格試験を受けるためのお金も必要になります。

そこまでして資格を取得するメリットはあるのでしょうか?

そこで本ページでは、20代で資格を取得したら転職でメリットはあるのかについて説明します。

20代で資格を取って転職するメリットはある

20代という比較的若い時期に転職するメリットは多く、さらに資格を取ることで転職活動において有利になるでしょう。

というのも、資格は「能力やスキルがある」ことを正式に証明することができます。

目に見えない能力ではなく履歴書や職務経歴書にも書ける形のあるスキルとして、転職において資格は大いに役立ちます。

20代で資格を取って転職するメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?詳細について解説していきます。

能力やスキルの証明になる

もしもあなたが企業側の採用担当者であった場合を想像してみてください。

面接の際に履歴書の資格欄に記載がないにもかかわらず「○○ができます!」「○○のスキルがあります!」といわれたらどう思いますか?

本当にそのスキルがあるかどうか疑問に感じるのではないでしょうか?最終的に採用するかどうか迷ってしまうことでしょう。資格は能力やスキルを客観的に証明できるため、自分の言葉の信用度や説得力を高めることができます。

専門職なら給料が上がる

専門的な技術職であった場合、資格があるかないかは非常に重要になってきます。

なぜなら、資格の有無によって給料に変動があるからです。

もしも転職したい職種が専門職であってその仕事内容に関連する資格があれば、転職前に是非取得しておくといいでしょう。転職採用に有利になるだけでなく、転職後に給料がアップする可能性も大いにあるためです。

企業によっては資格の種類によって資格手当が設定されている場合もあります。また、入社後に資格を取得することで報奨金をもらえる企業もあります。

資格を取って転職し、その後もスキルアップを目指せる企業に入社することができれば、自分自身にとってベストな転職となるのではないでしょうか?

転職市場において価値が上がる

転職市場において「市場価値」があるのをご存知の方も多いでしょう。

市場価値とは、転職者の中で相対的に自分に価値があるかどうかの指標のことです。

例えば、転職市場が高い人というのは替えの効かない貴重なスキルを持っている人を意味します。

自分自身の市場価値を高めるためには、ハードルが高く取得が難しい資格を有していることが大きく影響するでしょう。

転職市場においてあなたの市場価値が高くなれば転職活動において自分の優位に進められるだけでなく、より希望に沿った会社に採用される可能性も高まります。転職先に困る可能性もも少なくなるでしょう。

一般的に難易度が高く合格率が低いとされる国家資格などは特に市場価値が高く、取得することは困難もありますが自分のスキルを大きくアップさせることができるはずです。

また、日商簿記検定販売士検定など、世間一般で名の知られている公的資格も転職市場において価値は高いといえるでしょう。

現在売り手市場といえる転職業界とはいえ、やはりスキルや能力がともなってこそより良い企業への転職が実現する可能性は高まります。

希望の仕事に就きやすくなる

希望している仕事があるなら、その仕事に有効な資格があることでスムーズに転職に成功する確率がアップするでしょう。希望の仕事に就きやすくなるため、自分の夢にも着実に近づきます。

例えば不動産関連の仕事に就きたいなら、宅建などは非常に有利な資格となります。経理・財務関連であれば、日商簿記検定1級や会計士などがよく知られている資格です。

働きたい仕事があるのならその仕事に就きやすくなる資格を取得することです。

資格があることに慢心してはいけない

しかしながら、資格がある=本当に能力があるというわけではなく、仕事で活かすことができなければ宝の持ち腐れとなってしまう恐れは十分にあります。

資格を取得したことで満足してしまい、知識を増やしたり、さらなる学びを得ようとしなかったりすれば意味のない資格になってしまいます。

資格は、取得しているからといって必ずしも有利になるわけではなく、資格に見合った実績や、使いこなすスキルが必要になることを肝に銘じておきましょう。

例えば、資格取得しているけど現場で実際に使ったことがない場合はポテンシャル採用してもらえるよう応募先企業へアピールする材料にはなるものの、仕事面における実績としては評価対象とはなりません。

同じ資格がある人でも、その仕事に対する経験が多少なりともある人の方が有利になる可能性は高くいため、慢心せずに転職活動を進めていくようにしましょう。

資格は経験に大きく劣る

資格はスキルや知識をある程度証明することは出来ますが、経験には大きく劣ります。

例えば医師や弁護士、税理士、保育士のように、その資格がなければ従事することが出来ないものは別ですが、それ以外の「資格がなくても従事出来る仕事」は資格保有者より経験者の方がずっと有利です。

具体的な例を上げるとIT関連職、事務職、調理師等は資格がなくてもその仕事に就くことは可能で、これらの資格があるからといって有利になるとは限りません。

もちろんないよりもあった方がずっと良いですし、「資格を取ってまでその仕事をしたい」というアピールにもなります。

また、何も資格を持っていないよりも、それなりに勉強しなければ取得できない資格を持っている人の方が「目標に向かってちゃんと努力出来る人材だ」と評価されます。

資格は役に立たないと言われることも多いですが、不利に回ることは絶対にないので未経験分野への転職を検討する場合は取得してみることをお勧めします。

まとめ

20代で資格をとって転職するメリットは多数あります。

特に技術職の場合、資格に有無によって給料が変わることさえあるほどです。

資格を持っていることは能力やスキルの証明にもなるし、希望の仕事に就職しやすくなることもあるでしょう。

また、難易度の高い資格を持っていれば、それだけで「貴重な人材」となり、転職市場価値があがります。

ただ「自分は資格を持っている」ということに慢心せずに、実際にスキルを磨いておいてください。