資格について

30代で資格を取って転職するメリットはあるか

30代の転職は、20代の転職とは異なります。

スキルや能力が必要で、即戦力であることが求められるでしょう。

しかも、年齢的なリミットもあり、「30代で転職するなら失敗したくないし、早く決めたい」という人も多いはずです。。

そこで気になるのが「資格」です。

「資格があれば転職が有利になる」という話もあるますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本ページでは、30代で資格を取って転職するメリットがあるのかについて説明します。

30代で資格を取って転職するメリットとは?

結論からいうと、30代で資格を取って転職するメリットはあります。

ただ、資格があったらOKというよりは、ないよりは転職時に有利だと言える程度のものです。

何でもかんでも「資格があればメリットがある!安心だ!」というわけではありませんので要注意です。

下記では、資格をとって転職することにメリットについて詳しく説明していきます。

転職のときに有利な武器になる

資格があることは、採用側の企業にとって人材を評価する判断材料となります。

例えば履歴書の資格欄に全く記載がない状態で、「私は○○ができます。○○のスキルが高いです。」といわれても説得力がありませんよね?実際にできるのかどうか、判断することができません。

一方で資格があることは、あなたのスキルを証明してくれる重要なツールとなります。あなたが自分をアピールする言葉をより客観的に後押ししてくれる、判断材料として有益だといえるでしょう。

転職先企業が募集していた仕事内容に対して、あなたの所有する資格が大きな決め手となって転職が成功する可能性も大いにあります。

また、資格そのもは「役に立たない」と言われることが多いですが、職種や業種が変わる場合、志望動機として良い印象を持たれやすいです。

事前に勉強して資格を保有していれば、「本気でこの仕事を志願している」と相手に好印象を与えることが出来ます。

年収が高くなる

資格があることで、給料にも反映される可能性があります。つまり、資格があれば年収アップにつながるでしょう。

特に技術系などの専門職は資格が大きく影響してきます。資格があるかないかで転職できるかどうかも違いますし、給料も上下してくるでしょう。

Tech総研によれば、IT系資格における月々の資格手当の平均は約1万円との結果が出ています。なかでも、システムアナリストは月々平均2万6千円ほどだとされています。専門職だとこのように資格で収入に変化がみられるでしょう。

資格手当がない企業もあるので転職の際にチェックが必要ですが、資格があることで知識だけでなく金銭面でも優利になる可能性が高いのです。

オススメの資格とは?

転職を有利に進めるために、できれば資格を取りたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、やみくもに勉強していては意味がありません。今では資格の数も非常に多く、計画的に有益になる資格に時間とお金をかける必要があります。

豊富にある資格の中から、おススメの資格を5つ紹介していきます。

宅地建物取引主任者

正式名称は長いですが、通称「宅建」というとご存知の方が多いのではないでしょうか?

宅建は宅地又は建物の取引の専門家として、購入者などの利益の保護や建物・宅地の円滑な流通のために公正かつ誠実に説明などの事務に努めるのが主な業務内容です。

宅建は「宅地建物取引業法」に基づいて定められた国家資格であり、不動産業には不可欠な資格だといえるでしょう。もし宅建を所有していれば、不動産系企業への転職には大いに有利になります。

不動産に関する知識になりますので、万一プライベートにおいて住まいに関する土地の売買や購入などがあっても活用できる資格だといえるでしょう。

簿記

簿記といえば、社会人として取得するのであれば「日商簿記」を考える方が多いでしょう。

日商簿記は、商工会議所法に基づいて日本商工会議所及び各地商工会議所が実施する検定試験の一つであり、公的資格です。

公的資格とは国家資格と民間資格の中間に位置づけられており、転職業界でも日商簿記といえばほとんどの方が知っている名の知れた資格だといえます。

簿記というと経理部門において非常に役立つ知識であり、企業におけるお金の流れを把握することにつながります。

会社の経営状態や相手企業の業績などを読み取る力があるとして、転職先企業からは欲しい人材だと思ってもらえるチャンスに恵まれます。

ビジネスの世界において経営に関するお金の知識や業績の分析を行えることは、経理部門だけに関わらずどの部署においても非常に有利になるといえるでしょう。

中小企業診断士

仕事内容は、中小企業の経営状態などを分析して、診断するコンサルタントのような存在です。日本における中小企業の数は、2014年7月時点で約55万7000であり、大企業の1万1110と比較して非常に多いのが実態です。

結果として、中小企業診断士のニーズは非常に高いといえるのではないでしょうか?難易度は比較的高いものの、取得できれば転職市場で貴重な存在となるのは間違いないでしょう。

IT系の資格

IT系の資格の種類は豊富にあります。

エンジニアなど専門職の方にとっては非常に有益なスキルであるのはもちろん、IT系以外の仕事でもシステムに関する知識があることは、現代のシステム社会においてどの部署でも重宝されるといえるでしょう。

例えば事務職でも、パソコンやインターネットは常に使うわけですから、万が一トラブルがあった時に見識のある人材は重宝されます。

情報処理技術者の資格を持っていると「ITに詳しい人」というアピールが出来るので、(それが本職でなくても)そういう人材を求めている企業に好印象を与えます。

 

職業訓練所もオススメ

独学での資格取得は現時点では難しい・独学での学習方法は苦手といった方には。職業訓練所を活用することもオススメです。

職業訓練所においては、講座の種類に限りはあるものの、無料で受講可能です。講座を受けることができ、スキルや資格を取得することができます。

職業訓練の講座内容は幅広く、専門的な技術を学ぶものから、ウェブスキルなど様々です。

数ある講座の中から、自分の受けたい講座を受けることができるのもメリットといえるでしょう。

まとめ

資格を取得することで得られるのは、知識だけではありません。転職市場において市場価値が高まるだけでなく、自分に自信がついて面接などでもしっかりと応対できることにつながります。

得られるメリットは実に多いので、転職を検討しているのであれば、実際の転職のタイミングを見計らいながら、資格取得にチャレンジしてみるのもいいですね。