将来の年収

年収500万円以上が期待できる仕事にはどんなものがあるか

年収500万と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?

どちらかといえば、なんとなく給料が多そうだなというイメージを持つ方が多いと思います。

実際に月々の手取り額で考えると、25万円程度となります。

では、年収500万円をもらう人たちはどのような仕事をしているのでしょうか?

そこで本ページでは、年収500万以上が期待できる仕事にどのようなものがあるのかを説明します。

年収500万以上が期待できる業種や職種について

年収500万というのは、平均年収に対しては高い方です。

周りに年収500万の人がいない人にとっては、「年収500万の仕事ってどんなものなの?」と気になるところでしょう。

下記では、年収500万を超えるのにどんな仕事があるのかを、詳しく説明します。

業種が「メディカル、金融、メーカー」

求人情報・転職サイトdoda(デューダ)に調べによる「業種別平均年収ランキング2016」の結果、上位3位の業種は「メディカル」「金融」「メーカー」となりました。

男女全体での平均年収は下記の通りです。

  • メディカル:529万円(男性625万円・女性395万円)
  • 金融:485万円(男性589万円・女性382万円)
  • メーカー:479万円(男性518万円・女性373万円)

上記の通りで、男性だけで見れば3業種とも平均年収500万円以上となっています。

この結果を見ると、業種としての給料水準が高いことがうかがえます。その他では、IT通信や総合商社も年収500万円は大いに期待できる業種だといえるでしょう。

年収とは月々の収入金額だけでなくボーナスの金額によっても大きく左右されますので、ボーナスについても要チェック項目だといえるでしょう。

職種は「企画管理、技術系、営業」

求人情報・転職サイトdoda(デューダ)による「職種別平均年収ランキング2016」の結果を見ていくと、上位3位は「企画管理系」「技術系(電気電子機械・IT通信)」「営業系」という結果でした。

男女全体での平均年収は、下記の通りです。

  • 企画管理系:545万円(男性593万円・女性451万円)
  • 技術系(電気電子機械):505万円(男性511万円・女性409万円)
  • 技術系(IT通信):492万円(男性506万円・女性419万円)
  • 営業系:477万円(男性500万円・女性398万円)

1位の企画管理系は役職がついていることが多いため、おのずと年収が高い傾向があるでしょう。

2位の技術系は専門職であるため、資格の部分が年収に反映されているといえます。

専門的で独自のスキルが必須となってくると、人材としての希少価値が高くなり結果として給料が高くなっていきます。

3位の営業系は、意外だと思う方もいるのではないでしょうか?営業系の場合は、専門的なビジネススキルよりもヒューマンスキルが求められる傾向があります。

そのような見えないスキルをうまく使い、成果報酬型(歩合)の営業で大きな成績を上げている人は給料が高いといえるでしょう。

年齢が上がれば年収もあがる

求人情報・転職サイトdoda(デューダ)による「年齢別平均年収ランキング2016」を見ていくと、以下の結果になりました。

引用元:doda|平均年収ランキング2016(年齢別の平均年収)

男性だけを見ていると、30代になれば普通に平均年収が500万円近くになっているのがわかります。

30代というのは大きなポイントであり、早い人であれば出世することができ、スキルや能力がある人であればより待遇のいい職場へ転職することができる可能性も秘めています。

今後も会社員として働き続けていくなかで年収を上げていく方法は、「出世」or「転職」の2択だともいえます。

年齢とともに年収が上がっていくのは、年齢給の影響もあるかもしれませんが、ほとんどの場合出世による昇給や役職手当が関係しているでしょう。

年収500万は全体の9%しかいない

リクナビNEXTジャーナルによれば、リクナビNEXTの会員登録者のうち年収が500万円以上600万円以下の人は全体の9%程度という結果が出ています。

その中でも約95%が正規雇用者です。残りの非正規雇用者は専門的な資格や技能を持っている人が前提である職種が目立つ結果となっています。

また、年収500万人以上600万円以下の人が務める企業規模は、44.2%が1000人以上の大企業であるという結果も出ています。

総合的な結論としては、平均年収500万円以上600万円以下の人は、大企業の正社員である人が多いということになります。

年収500万以上の仕事に就くには?

年収500万円以上を期待できるような職種や業種がだいたいわかってきたところで、年収500万円を期待できる仕事に就くためにはどうしたらいいのでしょうか?

具体的な方法として以下の2つがあげられるでしょう。

出世する

会社員として企業に就職し、給料を上げていくためには出世していくことが必須です。

出世による職能給アップや役職手当によって年収をアップさせる方法が自然な流れだといえるでしょう。

一言で簡単に「出世」といえども、企業内での壮絶な出世レースに勝ち進んでいく必要がおのずとでてくるでしょう。

さらに、出世すれば年収には反映されるかもしれませんが、その分責任も重くのしかかってくる場合が多いので出世後もしっかりと自分の立ち位置について考えていくことが重要です。

転職をする

上記の結果を基に、年収500万円以上が期待できる仕事を探して転職する方法です。

今の会社(業種・職種)が基本的に給料水準が低いのであれば、出世を目指したとしても年収500万円以上を超えることは必然的に難しい場合もあるでしょう。

上記の業種別平均年収ランキングでも、サービス系は男女全体で379万円、小売り外食系は363万円という結果が出ています。

その場合は、転職する方法が年収アップへの近道となるでしょう。ただし、誰しもどんな場合でも「転職→年収アップ」という道につながるわけではないため、しっかりと下準備やリサーチをしたうえでの転職が望ましいといえます。

まとめ

業種や職種によって平均年収に大きな開きがあることに驚いた人もみえるのではないでしょうか?

どれほど頑張っても、てっぺんが見えている業界で頑張っていてはある程度の結果しか出ないでしょう。

今よりも年収アップを目指したいのであれば、現在の自分自身の働いている状況をよく把握した上で、それよりも待遇のいい企業への転職を考えてみるのもおすすめです。

転職サイトや転職エージェントでは、魅力的な企業が求人を出している場合もあるので一度目を通してみるとこれからのいいきっかけ作りになるかもしれませんね。